What War Means: Japanese Terror in China



Compiled and edited by
H. J. Timperley

CONTENTS 目次

Chapter

Foreword (Timperley) 

序(ティンパレー)

(洞富雄教授の解説)

Chapter I Nanking's Ordeal (Bates & Magee) 

第一章 南京の試煉(ベイツ博士&マギー牧師)


Chapter II Robbery, Murder and Rape (Magee)  

第二章 略奪・殺人・強姦(マギー牧師)


Chapter III Promise and Performance (Bates)  

第三章 約束と現実(ベイツ博士)


Chapter IV The Nightmare Continues (Bates)  

第四章 悪夢は続く(ベイツ博士)


Chapter V Terror in North China

第五章 華北における暴虐


Chapter VI Cities of Dread  

第六章 恐怖の都市


Chapter VII Death From the Air  

第七章 空襲による死亡


Chapter VIII Organized Destruction   

第八章 組織的な破壊


Conclusion   

結論


Appendix

附 録


A Case Reports Covering Chapters II and III   

A 安全区国際委員会が日本大使館に送った第二・三章にかんする暴行事件の報告


B Case Reports Covering Chapter IV  

B 第四章にかんする暴行事件の報告


C Case Reports Covering Period January 14, 1938, to February 9, 1938 

C 一九三八年一月十四日から一九三八年二月九日にいたる暴行事件の報告


D Correspondence Between Safety Zone Committee and  Japanese Authorities, etc.  

D 安全区国際委員会が日本当局や英・米・独大使館に送った公信


E The Nanking "Murder Race" 

E 南京の殺人競争


F How the Japanese Reported Conditions in Nanking

F 南京の状況にかんする日本側報道